肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/05/29

肌荒れが気になる時には、セラミドを

肌荒れが気になる時には、セラミドを取ってください。セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。

角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。

それが、表皮の健康を保つバリアのような機能もあるため、十分な量が存在しないと肌荒れするのです。乾燥肌の方でスキンケアで忘れてはならないことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。

そして、程よく皮脂を残すというのも日々チェックすべきことです。必要以上にクレンジングや洗顔料を使って皮脂を落としすぎてしまうと肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらされ、乾燥が進みます。

洗顔に使用するお湯の温度ですが熱いお湯はお肌の水分を一気に奪っていくのでやめましょう。

保湿に加えて、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。多くのメーカーから、美白化粧品が売り出されています。すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずはシミができた原因や、必要な対策をしっかり調べてください。化粧品が自分のシミに合っていないと、むしろお肌にダメージを与えることもあります。

医師の指導に従って、服薬やレーザー治療を受けることもできますが、日々の生活習慣を振り返ってみることが健康な白い肌への最初の一歩だと言いきってよいでしょう。肌がかさつくなら、低刺激の洗顔料を選択して手を抜かず泡立てて、肌を強くこすらないようにしてください。

力任せに洗うと肌に良くないので、優しく洗うことが注意点です。

さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿をしましょう。

化粧水に限らず、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて使ってください。健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。キメの整っている肌の表面では皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、皮膚のバリアの役目を担う表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。

テレビに映る芸能人の肌は全くシミのない美しいものですよね。

でも、やはり人間は人間ですから、実際には、肌の不調もつきものなのです。言うまでもなく、人前に出ることが仕事ですから、一般の方とは比べ物にならないくらい、その問題には気にかけているのではないでしょうか。

その方法に注目してみると、肌のお手入れの質がぐんとアップするかもしれません。

肌にシミが増えてしまうと、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。歳を取るにつれて、肌の回復する力が弱まり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、常日頃から日焼けには注意しなくてはなりません。基本的な日焼け止めや帽子でなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、進んで摂るようにしてください。一日2リットルの水分を欠かさないことが健康に役立ちます。

そして、お肌にとっても水分は欠かせません。

水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物が排出されないため、くすみが目立つ原因となります。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、顔全体にシワが増えて増加していくのです。

水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。

それなのに、ついつい力いっぱいぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。

クレンジングの際は、お肌の負担にならないよう、あまり力を入れないようにメイクと溶け合わせるようにして、指の腹を使って、優しく優しくを心がけるのがよいのだそうです。

念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、それができたら完璧なのですが、気づくとぐいぐいと強めに洗ってしまったりしがちです。

毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、肌に刺激を与えるようなものができるだけ含まないものを大変重要です。

刺激の強い成分(保存料など)はかゆくなったり肌が赤くなったりすることがあるので、何が入っているのか、よく確認しましょう。

また、安いからといって安易に選ばず自分の肌にあったものを選びましょう。

今、スキンケアにココナッツオイルを使っている女の人がぐんぐん増加しています。使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。

メイク落としやマッサージオイルとして使っている、という方も。当然、毎日のお食事に加えるだけでもお肌にいい影響を与えます。ですが、質に関しては良いものを十分に気を使って選んでくださいね。

手軽で効果も高いシワ対策といえばパックかもしれません。

その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための有意義な時間です。

実は、自分で簡単に作れるパックもありますのでご紹介します。

作り方は簡単です。

市販のプレーンヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにしてお肌にのせたら少し休みましょう。ヨーグルトパックの冷たさが毛穴を引き締めてシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

時々、「美肌のために、タバコは厳禁!」なんて言葉をよく聞きますが、それは美白に関しても言えることです。

もしあなたが、白い肌を目指したいのなら、できるだけ早く喫煙は止めるべきです。

その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。喫煙してしまうと、美白に大事なビタミンCが壊されてしまいます。ヨーグルトを食べることで、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを摂ることができます。乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける欠かせない栄養素です。加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする作用があることで知られています。

このような栄養素を摂ることはお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する効果を持っています。

シミ対策のために、毎日食べたいものです。最も有名なコラーゲンの効果といえば、美肌になるという効果です。コラーゲンをとることで、体の中にあるコラーゲンの新陳代謝が促進されて、肌に、潤いとハリを与えることが出来ます。

体内のコラーゲンが足りなくなることで肌が老化してしまう原因となるので、若々しくいるためにも積極的に摂取すべきです。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てびっくりしてしまいました。鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、思い知らされた気がしたのです。この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どんなに疲れて帰宅しても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、お肌を守ってあげよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。スキンケアをオールインワン化粧品に頼っている方もかなりいます。

オールインワン化粧品を使うことにより、短い時間で簡単に終わるので、使われる方が増加傾向にあるのも自然な流れでしょう。あれこれと色々なスキンケア商品を試したりするよりリーズナブルなのがポイントです。ただし、人によってあまり効果がでない場合もありますので、配合成分のご確認をお願いいたします。三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などにちらほら見られるようになってしまいました。

元凶はあれしか考えられません。

無防備な日焼けのせいです。靴をはけるまでに成長した子供とほとんど毎日、公園で遊んでいました。

子どもの身支度もするので、とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。

それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。

時間をひねり出してでも対策すべきでした。

皮膚を整えるためにオリーブオイルを使っている方も多いです。オリーブオイルを洗顔剤の代わりにしたり、マスクのように包み込んでみたり、溜まっている小鼻の皮脂の汚れをきれいにしたりと、使われ方は一つではないようです。

ただし、良いオリーブオイルをつけないと、お肌に支障が出ることもあります。そしてまた、自分には違うなと思った時も即、使用をとりやめるようにしてください。

アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、老化現象であるシワ、シミ、たるみなどの進行を遅くすることが可能です。とはいえ、若返り効果のある化粧品を使っているからといって、乱れた生活を続けていれば、老化現象のほうが早く進み、あまり効果はわからないでしょう。

体内からスキンケアをすることも大切なのです。

美容成分をたくさん含んだ化粧水とか美容液とかを使用すると保湿、保水力のアップに繋がります。スキンケアにはコラーゲンやヒアルロン酸、また、アミノ酸といった成分が含まれているコスメが最もいいんじゃないかなと思います。

血行を良くすることも重要なことですので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行い血液の流れそのものを改善することが必要です。

お酒も適量ならば全身の血行を良くし、美肌効果も期待できます。日本酒の酒粕はパックとして使えます。

くすみを消すのに良いそうです。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を少しずつ加えながら柔らかくし、ゆるめのペーストを作ります。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。

ただ、酒粕の匂いが苦手な方は止めた方がいいでしょう。

関連記事