肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/07/27

ガングロというと懐かしいような気もしま

ガングロというと懐かしいような気もしますが、今またブームの予感です。

一種の主張として落ち着き始めたとも言えますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。

つまり、シミのことになります。人それぞれですが、ガングロをやめた後はシミがガングロではなかった人よりも多く生じるように思われます。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、肌が薄くなることがわかっています。

肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これは薄い層が重なった作りになっていて、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。

この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮まで損傷を受ける確率が高まります。こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、こうしてシワやたるみは生まれます。

私たちの身体には、全身くまなく血管が走っていて、肌にもむろん、毛細血管が網羅しています。毛細血管は、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。

喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。

そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。女性たちの間でスキンケアにオイルを使うという方も最近よく耳にします。

毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力が上がり、さらにお肌がしっとりとなるでしょう。選ぶオイルの種類によっても効き目が違いますので、自分の肌に合った適度なオイルをぜひ使ってみてください。

オイルの質によって左右されるので、フレッシュなものを選びたいものです。保水力が弱まると肌のトラブルを抱え易くなってしまうので、気をつけてください。

水分を保つ力をより強めるには、どんな肌ケアをすれば良いのでしょうか?保水力を強くするのに効果のあるスキンケア法は、血行を促進する、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、上手に洗顔するという3点です。

最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、いろんな雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロほど体重を減らすことができました。

決して楽なものではないファスティングも、きれいになりたい気持ちがあるから頑張れたのですが、鏡をよく見てみると、ダイエットで見かけは少しすっきりしましたが、顔のしわが確実に増えています。

ファスティングダイエットとしわの増加がなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

その主な症状の一つであるのが、最近、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが今や周知の事実です。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるでしょう。たくさんのシミが肌にあると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。高齢になっていくにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。帽子、または日焼け止めなどで紫外線を防ぐのはもちろん、さまざまな野菜や果物から多くのビタミンCを、意欲的に摂りましょう。

「肌を美しく保つ為には、タバコは絶対にダメ!」ということをよく耳にしますが、それはお肌についても言えることです。あなたが本当に肌を白くしたいなら、タバコは即刻、止めるべきなのです。タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、ビタミンCの破壊です。タバコを吸っていると、美白に重要なビタミンCが減ってしまいます。

スキンケア、正しい順番で使っていますか?もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいます。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌を潤しましょう。

美容液を使用するのは一般的には化粧水より後になります。その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかり水分を与えてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

肝臓は休むことなく、食事や呼吸によって体内で産生された物質を代謝や分解して、解毒する働きをしています。

肝臓が十分解毒してくれないと、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、肌の調子を乱していくのです。

肝臓を健康に保つことが、お肌の健康を維持するための隠れた必須条件です。

洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に必要なことです。

これを怠けてしまうとより肌の乾燥を生んでしまいます。

そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。

ほかにも保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、熱いお湯を使わないというのもうるおい不足の肌に有効です。肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。肌ではなかなかサバは読めません。特にわかりやすいところは目の下で細かいシワもでるしクマも居座るしで、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

そして肌のつややかさや張りが年齢を重ねるに従って失われていくと、これがもれなくシワとして表れてきます。

顏の部分だけみてみますが、どこの部位にできたシワで悩む人が多いかというと眉間、口の両端、目の下と目尻、あとは額などで、しわなんてどこに出来ても嬉しくないということは間違いないですね。紫外線やターンオーバーの不調が、お肌のくすみを引き起こすとも言われます。

肌本来の調子を取り戻すためのものとしてはアロマオイルが挙げられるのです。

特に、ターンオーバーに必要不可欠な新陳代謝の高まりに作用するネロリや、血の巡りをよくしてくれるゼラニウムなどは、お肌のくすみを解消してくれます。

例えばマッサージに利用するのもありですし、数滴をスチームの容器にたらしてみて使用してみるのも手です。

くすんだ肌が気になってきたときにはもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。

睡眠不足や食生活などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり、古い角質はいつまでも剥がれません。普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったもので泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。ピーリング石鹸を週一回くらいの割合で使うと効果倍増です。

お酒も適量ならば全身の血行を良くし、お肌のためにも良いといわれています。

酒粕のパックはよく知られていて、くすみのない肌になるそうです。

板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、すりつぶして固まりが残らないようにします。

自分の好みの固さになるまで小麦粉を混ぜていき、全体がなめらかになればパックとして使えます。

とは言っても、日本酒が苦手な方にこのパックは勧められません。すっかり肌のハリがなくなって、シミも増えた気がする、なんてなんてことを、鏡を見ながら考えるようになったら、毎日の食事の内容を変えてみるのがいいかもしれません。

飲食物が変わると、肌の質が変わってきます。そのことで、シワやシミといった肌につきもののトラブルも改善される可能性があります。

そもそも私たちの身体そのものが、毎日の食べ物によって構成されていると言っても過言ではないのです。難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それから食事内容の吟味に進めばよいでしょう。

これは地味ながら究極のアンチエイジングだといえるのかもしれません。何らかの効果は必ずありますから、それが肌に表れるのを楽しみに待ちましょう。

スキンケアを目的とした化粧品を選ぶにあたっては、お肌にとって刺激的な成分があまり含まれていないということが最も大切です。

保存料のようなものは刺激が強いのでかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、何が入っているのか、きちんと確認しましょう。

また、CMや口コミに飛びつかず肌に合っているかどうかなのです。

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、様々な疾患が原因の一つとして考えられるのです。もし、いきなりシミが増えた気がするのであれば、疾患が起る前であったり、あるいは、病気が進行している恐れがありますので、なるべく早めにクリニックへ診察を受けに行ってください。

シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはおそらくパックでしょう。

一日の終わりにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす一息つける時間です。

自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかもしれません。

作り方は簡単です。

市販のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節し肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。ヨーグルトの成分が美白や保湿などの効果をもたらしおそらくシワにも効果があるでしょう。

ぜひ一度お試しください。

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことを指します。

キメが整っている肌を見ると皮溝に囲まれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。

ところが、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。

表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。

肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。

保湿、美白成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、メラニンの生成を抑える役割を果たしてくれ、肌に透明感を出してくれます。

うかつにも日に焼けてしまった時にとても効果的で、帰宅してすぐに、ちゃんとケアをすることにより、できてしまう前にシミを食い止められます。

関連記事