肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/04/24

以前、大人気だったガングロが最近に

以前、大人気だったガングロが最近になって再び、ブームの予感です。ファッションの流行の一つとしてなじんできたのかもしれませんが、心配なのはお肌のシミです。

それぞれ違いがあるとは思いますが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、ガングロではなかった人と比べて多くのシミが目につきやすくなると言えるでしょう。

美容の成分、ヒアルロン酸は人間の体内にも含有されているタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」と言われるゲル状のものです。

保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品といえば、ほぼ間違いなくヒアルロン酸が入っています。

年齢と共に減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。ここはシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢を原因として消えていくと、これがもれなくシワとして表れてきます。

顏の部分だけみてみますが、シワの悩みで多い部位は眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが特徴です。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるといったことも他のシミとの大きな違いです。

普段は肌が乾燥しづらい人でも寒い季節になるとカサつきになってしまうこともあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水を使ったり、乳液をつけるようにしましょう。

冬になると肌トラブルが増えるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。しっかりと保湿をすることと血をよくめぐらせることがこの季節のスキンケアの秘訣です。

皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。

大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。

真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。

こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、シワ、たるみが増えるわけです。

こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さそうです。

乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。

乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める役割を果たしています。

また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく作用もあるのです。こうした栄養素の働きはシミやくすみのない健康なお肌にする大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。自分に合った美白化粧品を探すのはなかなか大変です。

シミ対策としては、第一に自分のシミは何が原因なのか知ることが大切です。化粧品が自分のシミに合っていないと、シミを増やす結果になりかねません。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、お肌の健康を考えた生活習慣を築いていくことが健康な白い肌への最初の一歩だと頭に置いておいてください。

様々な美白成分の中でも、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。

シミの元になるメラニンが沈着することを抑制する効果があります。

それから、いろいろなパワーを持った成長分子を保有しているので、美肌維持に欠かせない新陳代謝が盛んになって、蓄積された古い角質と一緒にシミからも解放されることでしょう。

さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、お肌のお手入れとしてバッチリですね。大満足の結果へとつながりそうです。昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、がっかりするものです。道行く若い人の肌に目がいってしまうと、輝くばかりにきれいで、メイク映えしているので嫉妬してしまいます。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、日々の紫外線対策や肌の老化防止を心がけます。手軽で効果も高いシワ対策といえばおそらくパックでしょう。

一日かけて溜まった肌の疲れをとるための有意義な時間です。

安価で、簡単に作れる手作りパックもあります。普通のプレーンタイプのヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみ肌に適宜のせてパック開始、すこし休みます。ヨーグルトの成分が美白や保湿などの効果をもたらしシワ予防にも効果が期待できそうです。アンチエイジングでよくあげられるのが「ポリフェノール」でしょう。

抗酸化作用が特徴のひとつに挙げられます。活性酸素による害から守ってくれて、シミの発生を抑えたり、気持ちをブルーにさせていたシミを目立たなくしてくれます。これは是非とも摂らなければと思う強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。スキンケアで気をつけることの一つがきちんと汚れを落とすことです。肌に残らないように気をつけて、メイク落としをしないと肌が荒れてしまうかも知れません。

しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、肌を正常に保つに必要な皮脂を落としてしまって、カサつきの肌になってしまいます。それに、洗うと言った作業はやり方といったものがあり、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は肌のお手入れの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。

透明感のなさの原因は「角栓」。毛穴にたまっていませんか?睡眠不足や食生活などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり、古い角質は排出されずにたまってしまいます。普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、保湿洗顔料で、たっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用すると透明感ある肌へ変わっていくことでしょう。

この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについて気になってきて、仕方がありません。中でもつくづく困り果てているのが笑いじわで、目尻にできるアレです。大体目の周りの皮膚というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、スキンケアも丁寧に行っていますが、皮膚が薄いということは、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、念を入れてクリームを何度も塗ったりして、保湿にはとにかく気を使うことをこだわっています。例えば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人によってそれぞれ違いが見られます。

一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌があるわけです。具体的な話では、きめの細かい白い肌を指します。

見分け方についてですが、日焼けによって黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。肌のケアをする方法は状態をみて使い分けることが必要です。

日々同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればいいわけではありません。脂性なのにたっぷり保湿をすることはないと思いますし、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというように分けておこなっていかなくてはならないのです。

そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も変化させてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。

きちんと順番通りに使わないと、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。顔を洗ってからつけるのは化粧水です。

これにより肌の補水を行います。美容液を使用するのは化粧水の後になります。

その後は乳液、クリームという順番で、お肌の補水をしっかりとしてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

お肌のシミ対策にパックは有効と言えます。保湿、美白成分が大量にしみこんだフェイスマスクでのパックは、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、お肌が透き通ったと感じるようになるでしょう。

うかつにも日に焼けてしまった時に特に効果があり、帰宅後、すぐにでも、適切にケアを行えば、できてしまう前にシミを食い止められます。

お肌のお手入れではアンチエイジング効果のある化粧品を使うことにより、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象を遅くすることができます。

かといって、アンチエイジング化粧品を使用していても、身体に悪い生活ばかりしていては、肌が老化するのを食い止められず効果は感じにくいでしょう。

身体の内部からお肌に働きかけることも忘れてはいけないことなのです。

しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。貼るだけで顏のしわを取ってくれるこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に紹介されていました。その人も愛用されているようです。

顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。

貼りつけている間は引っ張られ、顔が引き締まった気がするそうですが、長時間使用し続けるのは、肌への負担も小さいものではないようで、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。

しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!なんてことになったら大変です。

正しい方法で使用しましょう。顔を洗った後の保湿は保湿機能の弱ってる肌を予防・改善する上で大事なことです。

おろそかにしてしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを使用してください。

ほかにも入浴剤を浴槽に入れたり、温度の高いお湯を使用しないというのも乾燥肌に有効です。

関連記事