肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/04/24

スイーツに目がないという方はちょっと

スイーツに目がないという方はちょっと考えてください。糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化が加速してしまう糖化物質が全身にたまってくるのです。

真皮でコラーゲンが糖と反応すると、黄ぐすみが目立ってきたり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になることもあるのです。お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、表皮に現れたメラニン色素が剥がれ落ちることなく、皮膚に残ってしまったものになります。ターンオーバーの促進で少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、その効果をいっそう実感できるはずです。ただし、過剰なピーリングを行うと、お肌に負担をかけるというリスクもあります。お顔のくすみは多くの女性の悩みですよね。そんな時はスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。

くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。

睡眠不足や食生活などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり、古い角質はいつまでも剥がれません。正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、保湿洗顔料で、泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。

肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うととても効果が期待ができます。

ホワイトニングに欠かせないものは何かといえば、実にたくさんありますが、お肌のシミに強いのがプラセンタだといえます。

シミの原因ともなるメラニンの生成を抑える作用があります。

それに、細胞分裂を活発にする成長因子を持っているので、新陳代謝を促し、蓄積された古い角質と一緒にシミからも解放されることでしょう。健康な身体になくてはならない成分のコラーゲンの生成を高める効果もありますから、これが美肌の秘訣かもしれません。

女性にとってこんな嬉しいことはありません。

皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。

喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。

酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、真皮もその機能を落としてしまいます。

こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、そうなると肌表面はシワが増え、たるみも目立ってくるのです。

肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、お肌の内部からきれいになり、シミを作らないためにおすすめの食べものです。

みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘系の果物に特に多く含まれる一部の成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

きれいなお肌をつくるために、みかんは夜食べることを心がけましょう。

肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓の役割として、食事や呼吸によって体内に取り込まれた色々な物質を代謝・分解し、有害な物質を解毒する役割を果たしています。この肝臓の働きがうまくいかないと、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となります。

肝臓のデトックス力を保つことが、お肌を内面からキレイにするために欠かせない要素です。

肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、日光をあびることによりできてしまうことが多いですが、体の中で起きている疾患がきっかけとなる場合もあります。もし、突発的にシミの増え方が気になってきたというのであるなら、病気の前兆を意味していたり、病気が進行している状態という可能性もあるので、可能な限り早くクリニックへ診察を受けに行ってください。

美肌にいい成分として注目されているのが、「ポリフェノール」でしょう。

その一番のメリットは、抗酸化作用になります。お肌を老化させてしまう活性酸素の働きを抑え込み、紫外線トラブルを予防したり、悩んでいたシミにも目立たなくしてくれます。いいこと尽くしのポリフェノール。

それ自体は素晴らしいのですが、その効果は約4時間と短時間しかありません。

いつも不足しないように心掛けることが大事です。

洗顔を終わらせた、その後の10秒間は肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。

お風呂やシャワーの後ですとかきっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。この、短く貴重な奇跡の時間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、これ程大事な時間を無駄にするのは、それこそ肌に良くない、と言いたいくらいです。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行いましょう。

最近の話です。

肌のケアをしていた時にちょっとしたことを考えつきました。

それはこういうものでした。

柔らかい質の肌にはしわはできにくのかも、ということなのですが、いかがでしょうか。年々深まる目の周りのじわやほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、少し前から炭酸パックを始めてみて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。摩擦刺激を肌に与えることは肌のコンディションを保つ上でよろしくないという事実はもちろん知っています。つい、力をぐっとこめてごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。

念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、クルクル丸を描くように、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、気づくとぐいぐいと強めに洗ってしまったりしがちです。「肌を美しく保つ為には、タバコは絶対にダメ!」なんてことをよく聞きますが、それは美白に関しても同じです。本当に美白したいのなら、タバコはすぐに止めるべきです。

タバコのいけない理由として一番に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。喫煙してしまうと、美白に重要なビタミンCが破壊されます。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが目立つようになってきたんです。原因はよくわかっていて、天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。幼い我が子と平日は二人で、休日は夫と共に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。身支度はもちろん、子供が最優先です。よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。

プラセンタの効き目ををもっと強めたいのなら、いつ摂取するかも大切です。

ベストなのは、胃に空腹感を感じるような時です。

一方でお腹が満たされている時は吸収は悪く、飲んでもあまり効果を期待できないこともありえます。

また、お休み前に飲むのもいいでしょう。人間の身体の機能回復は就寝中に行われるため、眠る前に飲むとよく効くのです。

コラーゲンのうりである最も重要な効果は美肌効果であります。

コラーゲンを摂取することで、体の中にあるコラーゲンの新陳代謝が促進されて、肌に、潤いとハリを与えることが出来ます。体内のコラーゲンが減少すると老化を助けることとなるので、若々しい肌を維持させるために意識的に摂取することを心掛けてください。お肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。オリーブオイルを洗顔剤の代わりにしたり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、小鼻の毛穴に残った皮脂を除去したりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。とはいえ、上質のオリーブオイルを塗らなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。

同様にして、お肌の様子がおかしいと感じた時もただちにお肌に使うのはやめて下さい。

法令線やカラスの足跡、などと言いますが、顔のシワは本当に困りもの、消してしまいたい、と思ってしまいます。

ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、日焼けしてしまったら、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。いつもは肌があまり乾燥しない人でも冬になるとカサつきになってしまう場合もあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水を使ったり、乳液をつけるようにしましょう。冬になると肌トラブルが増えるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。

しっかりと肌を潤わせることと血をよくめぐらせることが寒い季節のスキンケアのポイントです。小麦色の肌なら、元気で活発なイメージを相手に与えられるものですが、あまり日焼けすると、シミの原因にもなると考える女性も多いでしょう。

今よりシミが増えたら困るのなら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、しっかりと日焼止めを塗ることです。

あとは、帰宅してからのケア。

速やかにローションなどで炎症を抑えてください。

肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、欠かさず毎日食べている、食事の内容を見直し、変えてみることをおすすめします。食事の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。

そして、シワ、シミなど肌トラブルの改善も期待したいところです。

なにしろ私たちの身体は、毎日摂り続ける食べ物によってできているのですから。

難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それから食事内容の吟味に進めばよいでしょう。

これは地味ながら究極のアンチエイジングだといえるのかもしれません。

生活の質を変えることで肌に影響を与えるこの方法は、効果はゆっくりながら必ず表れます。手軽で効果も高いシワ対策といえばパックでしょう。一日かけて溜まった肌の疲れをとるための貴重なリラックスタイムです。

実は、自分で簡単に作れるパックもありますのでご紹介します。普通のプレーンタイプのヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をし肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。

ヨーグルトの成分が美白や保湿などの効果をもたらしシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

関連記事