肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/05/29

雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひや

雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットを試してみると、なんと3キロもの減量ができました。決して楽なものではないファスティングも、きれいになりたい気持ちがあるから頑張れたのですが、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

しわの急な増加とファスティングが関連があるかどうか確信できませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、ともかく、今はスキンケアを重点的に行うつもりです。

三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などに見え始め、見るたびに増えているような気がします。元凶はあれしか考えられません。

日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。母となり、最初はベビーカーを押して、その後は手をつないで、平日は二人で、休日は夫と共に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。後で必ずつけが回ってきます。若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。

顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、肌の汚れがきれいになり、シミが薄くなったと口コミで話題のようですが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。

重曹は精製の程度によって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、ごしごし洗うことは避けてください。洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、充分な保湿を心掛けることが大切です。

肌はなるべく若いうちから手をかけてあげた方がいいのですが、日々の肌のケアをすることなく、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。シワがなぜできるのかというと、その原因は紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。

甘いものはつい食べてしまいがちですが、お肌のために控えてください。

糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化が加速してしまう糖化物質が生み出されるのです。この糖化がお肌のコラーゲンに起きると、黄ぐすみ状態になったり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果になることもあるのです。

スキンケア真っ最中にちょっとしたことを考えつきました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、シワが発生して、増加することになります。

ところで目尻はシワの目立つ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、乾燥の影響を受けやすくなっており、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大事な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸がどんどん減っていく一方となるため、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に絶賛されており、その芸能人自身も使っているということでした。

これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行なう商品のようですが、これを貼ってる最中は引き締まってる感覚がなかなか良く感じるようなのですが、だからといって長い時間貼り続けているのは、肌に良いわけはなく、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。

しわ取りテープでトラブル続出!なんてことにならないために、使い方には注意が必要です。

スキンケアにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象を遅くすることができます。

かといって、アンチエイジング化粧品を使用していたところで、生活習慣を整えなければ、肌の老化スピードに負けてしまいその効果を感じることはできません。

外からだけでなく体の中から肌のお手入れするということも大切です。

スキンケア、正しい順番で使っていますか?もしその順番が間違っているなら、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌を潤しましょう。

美容液を使いたいという人は化粧水の後になります。

それから乳液、クリームと続きます。お肌の補水をしっかりとしてから乳液やクリームでフタをしていくのです。美容成分たっぷりの化粧水や、美容液を使うことで保湿、保水力のアップに繋がります。

スキンケアに使用する際は、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分が含まれた化粧品がおすすめとなります。

血行を良くすることも重要ですので、ストレッチや半身浴、ウォーキングなども行って、血液をさらさらに改善することが必要です。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってテレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いという特徴があります。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために大きく役だってくれます。

みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、むしろシミが広がることもあるそうです。

美肌のために食べるのなら、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線によるものが主な原因ですが、様々な疾患が原因の可能性もあります。

もし、いきなりシミの増え方が気になってきたというのであるなら、疾患が起こる前触れであったり、すでに疾患が進行している確率が高いため、なるべく早めに医師に相談し、診断を仰いでください。

冬になると冷えて血液がうまく行きわたらなくなります。

血行が悪くなってくると肌細胞に十分な栄養が届かず、代謝悪くなってしまい、細胞がうまく働かなくなってしまいます。

そして、肌トラブルを起こしてしまうので、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。血液の流れが改善されれば、体の新陳代謝が良くなり、健康的な肌がつくりやすくなります。皮膚を整えるためにオリーブオイルを使っている方も多いです。

オリーブオイルでお化粧落としをしたり、フェイスマスクのように塗ったり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、色々なやり方で使われているようです。

そうは言っても、良質なオリーブオイルをつけないと、お肌に支障が出ることもあります。

同様にして、お肌の様子がおかしいと感じた時もただちに肌に塗るのをとりやめて下さい。

スキンケアのための化粧品を選ぶ際には、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないということが選ぶことを優先しましょう。

例えば保存料などは大変刺激が強くかゆくなったり肌が赤くなったりすることがあるので、配合成分について、きちんと確認しましょう。

また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので肌に合っているかどうかなのです。スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。

スキンケアを完全に排除して肌そのものが持つ保湿力を失わないようにするという原理です。

けれども、メイクをする人はクレンジングははぶけません。

もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌はみるみる乾燥していきます。気分によっては肌断食もいいですが、肌の状態を見て、スキンケアをした方がいいでしょう。全身至る所に血管は走っており、身体の表面を覆う皮膚のあらゆる部分を毛細血管はカバーしています。毛細血管は、皮膚組織内に存在するあらゆる細胞に、酸素や栄養、水分を送り届けるための通り道で、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。

喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。

そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、真皮もその機能を落としてしまいます。

こうして肌は弾力を失い、結果としてシワやたるみが増えていきます。

喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。小麦色の肌なら、元気で活発なイメージを演出するのに効果的ではあるものの、あまり日焼けすると、シミの原因にもなるという女性ならではの悩ましい一面があります。シミを避けるのだったら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを丁寧に塗布すること、あとは、帰宅してからのケア。

速やかにローションなどで肌が炎症を起こす前にケアすることです。プラセンタの働きを高めたいのなら、どんな時に飲むかを考えることも重要です。

最もよいのは、お腹がすいた時です。

逆に、お腹がいっぱいの時は吸収率が低く、飲んでもあまり効果を期待できないこともありえます。

また、寝る前に飲むのもよろしいでしょう。人間の身体の機能は眠っている間に治癒が行われるため、お休み前に摂取するのが効果的なのです。

たくさんのシミが肌にあると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。

加齢が進むにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、日焼けに対して油断ができなくなりますから、日焼け対策は怠ってはいけません。日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、進んで摂るようにしてください。

関連記事