肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/05/29

強い紫外線を浴び続けた夏が終わった頃、秋から冬にか

強い紫外線を浴び続けた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と季節の変わり目にはお肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので特に念入りに行っているわけですが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他にオイルの使用も欠かさなくなりました。

オイルも種類があって少しはまりそうなのですがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

キメの整っている肌の表面では皮丘には充分な水分が含まれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が乾燥し、荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。

皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。

くすみが目立つ大きな原因として、糖分の摂り過ぎを疑ってください。お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうとどんな化粧品を使っていてもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。

お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱くなっている疑いがあります。

コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンの糖化と呼ぶのです。お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてください。

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。喫煙時、吸い込む煙に含まれる化学物質の作用によって、全ての毛細血管は収縮してしまいます。

道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。必要な酸素や栄養が届かないので、表皮の機能は落ち、肌のバリアとしての働きが弱まり、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、しわやたるみが増えてしまうのです。喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。

カサつき肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択してちゃんと泡立てて、肌への抵抗を減らしてください。

無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、優しく洗うことが注意点です。また、洗顔した後は必ず保湿するようにしましょう。

化粧水だけに限らず、乳液、美容液、クリームなども場合に応じて用いるようにしてください。ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」と言われる酸です。

とても保湿力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含まれています。

加齢に伴って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲に出現して、恐ろしい増殖ぶりです。元凶はあれしか考えられません。

日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

母となり、最初はベビーカーを押して、その後は手をつないで、雨降りの日以外は毎日仲良く公園で遊んでいました。

子どもの身支度もするので、そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。ポケットに入れてでも持っていくことにします。肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。

肌ではなかなかサバは読めません。顔、特に目の下は細かいシワもでるしクマも居座るしで、年を取るに従って、このパーツについてのトラブルに悩む人は多くなっていきます。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが年齢を重ねるに従って失われていくと、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。顏限定で見ていきますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といったところでしょうか。

冬は空気が乾燥してくるので、肌の水分も奪われがちです。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌のトラブルの元となるのでお手入れが必要です。

水分が足りない肌のトラブルを起こさない為にもお手入れを手抜きをしないようにしてください。

乾燥する時期の肌のお手入れのコツは肌を乾燥させないという意識を持つことです。皮膚をお手入れする時にオリーブオイルを用いる人もいるでしょう。メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻の毛穴の皮脂づまりを取り除いたりと、自分なりの使い方がされているようです。そうは言っても、良質なオリーブオイルを手入れに用いなければ、お肌に支障が出ることもあります。

同様に、自分には適合しないなと思った場合も即、使用をとりやめるようにしてください。肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

その具体例として挙げられるのは、最近になってCMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが一般的に言われています。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特徴です。最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女の人がぐんぐん増加しています。

具体的な使用法としては、化粧水の前後に塗る他、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。

他にも使い方は様々で、メイク落としに使っている方、マッサージオイルとしても活躍するそう。もちろん、日々の食事にとりいれるのもスキンケアにつなげることができます。

ですが、体に吸収されるものですので質の良さにはこだわって選びたいですね。この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについてかなり深刻に気になってます。

中でも特に問題視しているのは目尻の笑じわでしょうか。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、こまめなスキンケアを行なうようにしている部分なのですが、この場所は乾燥しやすいこともあって、その対策も必要になりますから、ここはクリームを塗り重ねるようにして使い、保湿を何より重視するようこだわっています。適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを演出してくれますが、あまり日焼けすると、シミの原因にもなると悩む人も多いです。

シミを避けるのだったら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、しっかりと日焼止めを塗ることです。

また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症を抑えてください。

カサつきする肌は、毎日の洗顔の積み重ねとその後の保湿のお手入れを正確に行うことで、より良い状態にすることができます。

毎日お化粧を欠かせない方の場合には、メイク落としから見直してみましょう。

メイクを落とす上で気をつけるコツは、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に肌に不要な汚れ以外の角質や皮脂は落としすぎないようにすることです。

乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。乳酸菌は内部からうるおった、ハリのあるお肌を作るのに役立ちます。ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける作用があります。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする役割を持っています。このような作用を生かすことでお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する効果を狙えます。ヨーグルトはシミ対策や美白に有効な食べ物だといえます。

お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですがそれなのに、ついつい力いっぱいごしごしとメイク落としやら洗顔やらを行ったり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、優しく指の腹で行うのがよいでしょう。なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、クルクル丸を描くように、それができたら完璧なのですが、うっかり力を入れてケアしています。

シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。レモンと比べて20倍以上というほどのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で内側からメラニン色素ができないようにして、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミが出来にくいお肌を取り戻し、くすみのない肌になります。活性酸素の害からも守ってくれ、若返りにもいいかもしれません。

若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアもしないで、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。

シワが発生する原因としては紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。

ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はお肌のために控えてください。

砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。糖分が体内でタンパク質と結合すると、全身の老化を早める糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができて糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミやしわ、たるみを引き起こしたりすることになってしまいます。雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットを試してみると、3キロほど体重を減らすことができました。きれいになりたい、というその一心でファスティングを頑張ったのですが、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

このことと、ダイエットが何か関係があるとは思っていませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼りつけて気になるしわを取るしわ取りテープは、少し前にテレビでコスメ関連全般に造詣が深いとされる芸能人によって紹介されていました。その人も愛用されているようです。

顏のしわを伸ばしてテープを貼り付け、しわの矯正をするという趣旨の商品のようで、貼っている時は顔が引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、長時間使用し続けるのは、肌への負担も小さいものではないようで、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。

しわ取りテープを使ったら肌のトラブルが増えてしまった!などということになるのは困りますから、正しく使用してください。

関連記事