肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/04/24

一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の健康を

一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の健康を保ってくれるでしょう。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。

水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。老廃物が排出されないため、黄ぐすみの原因になります。

また、水分不足は乾燥肌の原因となり、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えて目立ってきます。特に女性は水分不足に注意してください。

「肌を美しく保つ為には、喫煙は絶対にダメ!」なんてことをよく聞きますが、それは美白に関しても同じです。

あなたが本当に肌を白くしたいなら、できるだけ早くタバコは止めるべきです。

その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。

喫煙してしまうと、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが破壊されます。

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、何気なくのぞいた鏡を前にして悲鳴を上げそうになりました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか形にして見せられたように感じました。この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を大事にしよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。ビタミンCの美白効果をねらって、スライスしたレモンをお肌にのせてレモンのパックにするのが流行ったこともありましたが、これはお肌に悪影響を与えます。

決して行ってはいけません。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミを改善し、美白する効果をレモンに期待するのなら、毎日の食事で、欠かさず食べるようにしてください。

肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、紫外線が大きく関係してできてしまうこともありますが、時には病気がきっかけとなる場合もあります。

もしも、突然シミが増えた気がするのであれば、病気の前兆を意味していたり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、できればすぐに病院で相談する必要があります。

肌にシワはどうやってできるのでしょうか。

原因なら、乾燥が一番であることはよく言われているようです。エアコンの効いた乾燥しきった部屋にいたり運動をして、汗が肌の保湿成分ごと流れていってしまった場合などは特に注意をした方が良いでしょう。

では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、とにかくまめな保湿を心がけることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。

小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。

それと、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

お肌の内部からきれいになり、シミを作らないために大事な役割を果たしてくれます。食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。美肌のために食べるのなら、みかんは夜食べるのがおすすめです。乾燥する肌は、日々の洗顔とその後の保湿のお手入れを間違いなく行うことで、改めることが可能です。毎日お化粧を欠かせない方の場合には、化粧落としから改めてみましょう。化粧を落とす時の押さえておきたい点は、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に肌にとって余分ではない角質や皮脂は残しておくようにすることです。顏のシワには困ったものです。

できれば、消してしまいたい、と思ってしまいます。ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、日傘、帽子などで紫外線カットします。夏のみならず、一年中行なうようにし、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女の人がぐんぐん増加しています。

化粧水を付ける前や後のお肌に塗る、既にご使用になっているスキンケア化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。

もしくは、メイク落としの代わりに使ったりマッサージオイルとしても活躍するそう。

もちろん、積極的に食事取り入れていく事でも抜群のスキンケア効果を発揮するんです。

ただ、毎日使うものですし、質の良さにはしっかりこだわりたいですね。しわ取りテープというユニークな商品があります。

この貼るだけでしわを薄くしてくれるらしいこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に紹介されました。

紹介者も愛用しているということです。

しわを広げてテープを張り付け、しわを目立たなくさせるよう矯正するもののようですが、貼っている間はテープに引っ張られて、効いているような気持ちになるようですが、長い時間使用すると、肌の負担も結構大きいらしく、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!などということになるのは困りますから、正しく使用してください。

肌のくすみを引き起こすものとして、紫外線や肌の新陳代謝の乱れが挙げられると言われることもあります。不調がちなお肌の調子を整えるものとして、女性の間で人気のアロマオイルがあるでしょう。

中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血行の促進に作用するゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。例えばマッサージに利用するのもありですし、スチームを利用する際に、何滴かをたらして利用してみてはいかがでしょうか。一番有名なコラーゲンの効能といえば、美肌効果であります。

これを体内にとりこむことによって、体内に存在するコラーゲンの代謝促進が進み、肌に潤いやハリを与えることが可能です。体内のコラーゲンが減少するとお肌の老化が著しくなるので若々しくいるためにも摂取されることをおすすめします。体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥には大変警戒しています。気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。

乾燥は軽く考えてはいけません。

この危険な時期、大事なスキンケアはかなり気をつかって丁寧に行っていますが、ここ最近は、いつもの化粧水や乳液、クリームの三点セットの他にオイルも使うようになり、大変気に入っています。

美容オイルも色々種類はありますが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。

ホワイトニングに欠かせないものは何かといえば、実にたくさんありますが、シミに有効なのが何とと問われれば、それはプラセンタでしょう。シミの元になるメラニンが沈着することを抑えるというありがたい活躍をしてくれるのです。なおかつ、成長分子を含んでいるおかげで、細胞が次々と生まれ変わり、古い角質とともにシミにもさよならさせてくれます。

健康な身体になくてはならない成分のコラーゲンの生成を高める効果もありますから、これが美肌の秘訣かもしれません。

女性にとってこんな嬉しいことはありません。

保水機能が低くなると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、警戒してください。

では、保水機能を上昇させるには、どのような美肌の秘訣を実践すれば良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血液の流れを潤滑にする、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、洗顔の仕方に気をつけるという3方法です。肌のお手入れ、正しい順番で使っていますか?きちんと順番通りに使わないと、せっかくの効果も半減してしまいます。

洗顔のあとは急いで化粧水で肌に水分を与えます。美容液を使う場合は基本である化粧水の次に使いましょう。その後は乳液、クリームという順番で、お肌の補水をしっかりとしてから乳液やクリームでフタをしていくのです。お酒も適量ならば全身の血行を良くし、お肌のためにも役に立ちます。

酒粕のパックはよく知られていて、お肌のくすみ対策になるようです。酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、少量の水を加え、酒粕を柔らかくして、ペーストになるまでよく混ぜます。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、なめらかにして、酒粕パックの完成です。

もっとも、お酒に弱い方には、このパックは向いていません。、果たして効果があるかどうか疑問に思う方もいるでしょう。普段自分では使えないような機器などで特に春先に気になる毛穴の汚れを見事に取って肌のすみずみまで血行がいきわたりますから新陳代謝も進むでしょう。

肌の状態が明らかに以前と違うと実感しています。

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。

例として挙げるなら、最近、テレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。

この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが特徴です。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいという特徴があります。

肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓の役割として、食事や呼吸によってつくられた老廃物や毒を代謝・分解し、有害な物質を解毒する役割を果たしています。

肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌を内面からキレイにするために欠かせない要素です。

紫外線を同じ時間浴びたとします。しかし、それによって現れてしまうシミはその人の肌の性質によって違います。

それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌が存在しています。

具体的にお話ししますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

見分け方についてですが、日焼けによって黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。

美肌はとってもデリケートに出来ています。

関連記事