肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/07/27

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるよう

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線がなんだか急に顔の中で目立つ存在になってきたように思えます。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ケアして眠れば翌日にはちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳になって、またそれ以降は肌が元気になるまでに、結構時間がかかるようになってしまい、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。スキンケアは不要と考える方も少なくありません。スキンケアを完全に排除して肌天然の保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。

けれども、メイクをする人はメイクを落とすためにクレンジングが必要になります。

クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の水分は奪われていきます。ちょっと試しに肌断食をしてみるのもいいかもしれませんが、自分の肌とよく向き合い、ケアするようにしてあげてください。

困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。そもそもシミとは何なのかというと、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素がそのまま剥がれ落ちずに蓄積されたものなのです。

ターンオーバーの促進でシミの軽減が期待できるのですが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、効果をより実感できることでしょう。でも、ピーリングで角質を落としすぎるとお肌に負担をかけるというリスクもあります。肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。美白成分の他にも、保湿成分などをたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、メラニンの生成を制御してくれて、肌に透明感を出してくれます。うっかり日に焼けてしまった時にはとても効果的で、帰宅後、すぐにでも、がっちりケアすれば、シミの予防に有効です。顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるなら消せるものなら消したいものです。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、日焼けしてしまったら、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。こまめなケアでシミ、シワ改善となり、アンチエイジングできます。

適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを演出してくれますが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると思っている女性も少なくありません。シミを避けるのだったら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを入念に塗ること、また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症を軽減させる事が重要です。もともと肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいと聞いたことはおありでしょうか。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は肌の自己チェックをしてみましょう。

肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。

それで、肌のハリが失われて、そうすると肌がしぼみ、シワがよります。

肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌が薄いことが自覚できた人は、肌に対する日々のケアを欠かさないようにしましょう。

お肌のために最も大切なのはお肌にとって良い洗顔を行うことです。

してはいけない洗顔方法とはお肌にトラブルを招き潤いを保てなくなってしまう、要因になるわけですね。ゴシゴシ洗わずに包むように洗う念入りにすすぐ、このようなことに注意して洗うお肌の汚れを落としましょう。寒い季節になると冷えて血液がうまく行きわたらなくなります。血液の流れが良くないと肌の細胞に十分な栄養を届けることができず、代謝が乱れることになってしまいます。その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。

血のめぐりが改善されれば、代謝がうまく働き、綺麗な肌をつくるようになります。

スキンケア、正しい順番で使っていますか?きちんとした使い方をしないと、効果を実感することができません。洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌を潤しましょう。

美容液を使う場合は基本である化粧水の次に使いましょう。

その後は乳液、クリームという順番で、水分を肌に染みこませてから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。保水できなくなってしまうと肌トラブルを起こし易くなってしまうので、ご注意ください。水分を保つ力をより強めるには、どのような肌のお手入れをしていけば良いでしょうか?保水能力向上にお勧めのスキンケア方法は、血の流れを良くする、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、上手に洗顔するという3点です。女性によっては顔にできてしまったシミでお悩みの方も多数いることでしょう。お肌のシミを目立たなくするのに効き目があるという食物の一つにはちみつを紹介しないわけにはいきません。積極的にはちみつを食べることで、色素沈着したところが目立たなくなる効果があり、気になるシミとかそばかすなどを目立ちにくくしてくれるでしょう。

シミにお悩みの方ははちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

ビタミンCの美白効果をねらって、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモン果汁とオイルでパックする方法が流行ったこともありましたが、これはパックではありません。

かえって逆効果なので、絶対禁物です。

レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

美白やシミ予防の効果をレモンに期待するのなら、食べたり飲んだりした方が賢明です。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでお肌の内部からきれいになり、シミを作らないために大事な役割を果たしてくれます。

けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、お肌のためには逆効果になってしまいます。

美肌やシミ予防を考えて、みかんは夜食べるのがおすすめです。

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、肌の乾燥にはとても気を付けています。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので細心の注意を払って行なっているわけですが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルも使うようになり、大変気に入っています。お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。美容成分がたくさん入っている化粧水や、美容液を使うことで保水力をアップさせることに繋がります。スキンケアにはコラーゲンやヒアルロン酸、また、アミノ酸といった成分が含まれている化粧品を使用することをおすすめします。

血行を良くすることも大切になってきますので、ストレッチやウォーキングなどを取り入れ、血液循環を改善しましょう。

肌荒れが気になる時には、セラミドを取ってください。

セラミドという物質は角質層の細胞の間で様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。

角質は角質細胞が複数層重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。

表皮を健康な状態に維持する防護壁のような機能もあるため、十分な量が存在しないと肌トラブルの原因となるわけです。冬になるにつれ空気は乾燥していき、その影響から肌の潤いも奪われがちです。潤いが奪われて肌が乾燥すると肌トラブルの要因となりやすいのでお手入れが必要です。

潤いの足りない肌に起こりうるトラブルを防ぐためにも保湿と保水といったケアを普段よりしっかりと行うようにしてください。

乾燥する時期の肌のお手入れのコツは普段よりしっかりと肌を潤すことです。ここ数年のことですが、特に顔のしわがかなり深刻に気になってます。内心特に何とかしたい気持ちでいっぱいなのは笑いじわで、目尻にできるアレです。

目の周りは薄い皮膚だから、しわができやすいということで、スキンケアもしっかり施しているわけですが、皮膚が薄いということは、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、クリームを塗り重ねたりして、保湿を何より重視するようこだわっています。肌のお手入れといえばエステを利用する方もいらっしゃいますが、その効果は気になりますね。

プロの手によるハンドマッサージや高価な機器などを使用して新陳代謝も進むでしょう。

フェイシャルコースを選んだ人の9割以上の人が肌の状態が明らかに以前と違うと実感しています。

少し前にガングロが流行りましたが、今また流行の気配です。ファッションの流行の一つとして根付きつつあるとも思えますが、心配なのはお肌のシミです。みんなが同じってわけではないでしょうが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、シミがガングロではなかった人よりも多く目立つようです。スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にちょっとしたことを考えつきました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわがあまりできないのではないか、ということです。

目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、しばらく前から炭酸パックを始め、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

関連記事