肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/07/27

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタ

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。乳酸菌は内部からうるおった、ハリのあるお肌を作るのに役立ちます。

ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける作用があります。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく大事な作用があります。このような働きがシミ・くすみ対策と美白に効果を期待できるため、シミ対策や美白に有効な食べ物だといえます。

乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは常に保湿を意識することです。それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも忘れてはいけません。高価なメイク落としや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまって乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。洗顔に使用するお湯の温度ですが熱いお湯はお肌の水分を一気に奪っていくのでやめましょう。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔方法も再度確認してみてください。

ホワイトニングに欠かせないものは何かといえば、実にたくさんありますが、シミに対して効くのがプラセンタです。

嫌なシミとなるメラニンが生じるのを抑えるというありがたい活躍をしてくれるのです。それから、いろいろなパワーを持った成長分子を保有しているので、新しい細胞を作り出し、古い角質とともにシミにもさよならさせてくれます。さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、美肌ケアとしていいですね。

欲張りな女子にはもってこいでしょう。シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはパックではないでしょうか。一日の終わりのパックの時間は貴重なリラックスタイムです。パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。作り方はかんたんです。市販のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節し肌にのせて、しばしパックを楽しみます。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからおそらくシワにも効果があるでしょう。ぜひ一度お試しください。

洗顔を終えた後の10秒間というのは実は肌にとって大変大事な時間だということをご存知でしょうか。お風呂やシャワーの後ですとかしっかり洗顔を終えた直後の肌は、乾ききった砂漠のような状態だと考えてください。

この、短く貴重な奇跡の時間に肌に何もしてあげないのは大変もったいなく思いますし、貴重な時間を無駄にしているのですから、それも肌へのダメージではないでしょうか。洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、たっぷりと肌に化粧水を与えてあげると良いでしょう。

お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により変化をつけなければなりません。365日全くかわらない方法でお肌を思っていればいいわけではありません。

乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、お肌の状態に影響しそうな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアをおこなうという感じに変化させていくことが必要なのです。

肌にふれる空気や気候に応じて季節にあったケアをすることも大切なのです。適度な飲酒は全身の血行を良くして、お肌の血行も良くなります。

酒粕パックは手軽にできて、お肌のくすみ対策になるようです。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて柔らかくするために少量の水を加え、ゆるめのペーストを作ります。

小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、なめらかにして、酒粕パックの完成です。ただ、酒粕の匂いが苦手な方は止めた方がいいでしょう。「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」と言う話をよく耳にしますが、それは美白に関しても言えることです。本当に白い肌にしたいのなら、すぐに禁煙するべきです。タバコのいけない理由として一番に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。タバコを吸っていると、美白に重要なビタミンCが減ってしまいます。

出産を終えても当分の間、女性の身体はそれまでの身体の状態と大きく変化します。特にホルモンバランスは激変しますから、いろいろなトラブルが起こります。

肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルもよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産を終えたことで急に減り、これにストレスや生活習慣の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用してとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。

スキンケアは不要と考える方も少なくありません。いわゆるスキンケアを何もせず肌そのものが持つ保湿力を大切にするという考え方です。

でも、メイクをした場合、メイク落としをしない人はいないですよね。

市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌の乾燥が進んでしまいます。ちょっと試しに肌断食をしてみるのもいいかもしれませんが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。

最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女性が激増しているようです。具体的な使用法としては、化粧水の前後に塗る他、スキンケア化粧品に混ぜて使うといいのだとか。

他にも使い方は様々で、メイク落としに使っている方、マッサージオイルとしても活躍するそう。

もちろん、日々の食事にプラスするだけでもスキンケアにつながっちゃう優れもの。

ですが、質に関しては良いものをしっかり意識して選んでください。スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと潤いを保つことです。

しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。そして、肌が乾燥してしまっても肌を保護する機能を弱めてしまうことになるため、保湿は必ず行ってください。

しかし、余計に保湿を行っても悪いことになります。毎日2リットルの水分補給は健康に役立ちます。もちろん、お肌にも水分補給は必要です。体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。老廃物がお肌にたまるので、シミやくすみを悪化させてしまいます。さらに、肌の乾燥を引き起こし、お顔にシワやほうれい線も増えて目立ってきます。ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、それだけで肌は薄くなるそうです。肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これはごく薄い層の集まりで、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。

表皮は皮膚のバリアです。バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届いてしまいます。

ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

保水力が弱まると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、用心してください。

では、保水力を上向きにさせるには、どんな肌の保護をしていけば良いでしょうか?水分を保つ力を強くするための肌ケア法は、血の巡りを良くする、肌に良い成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、きちんと洗顔する習慣をみにつけるという3点です。

スキンケア、正しい順番で使っていますか?きちんとした使い方をしないと、効果をほとんど得ることができなくなります。洗顔の後は、まず化粧水。

肌を潤しましょう。

美容液を使う場合は化粧水の後。その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかりと水分を与えてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。代表的な特徴がその「抗酸化作用」です。活性酸素の働きを抑えることで、シミからお肌を守ったり、いつの間にかできていたシミを消していってくれます。

効果としては文句なしの美肌の友ともいえるポリフェノールですが、その効果は約4時間と短時間しかありません。

いつも不足しないように心掛けることが大事です。

肌のくすみを引き起こすものとして、紫外線や肌の新陳代謝の乱れが挙げられるとも言われます。お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものにアロマオイルがあるようです。特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血行をよくしてくれるゼラニウムは、肌のくすみ解消にはもってこいです。

もちろん、マッサージに使うのもよいですし、数滴をスチームの容器にたらしてみて使ってみるのもよいかもしれません。

たとえば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミは人によって様々です。

それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌があります。詳しくお話ししますと、きめの細かい白い肌を指します。

簡単な見分け方は、日焼けによって赤くなってしまうタイプの人です。美肌というものは、とても繊細なものだといえます。

砂糖など、糖質を摂りすぎる方はお肌のことを考えてください。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

体内で糖分がタンパク質と反応し、全身で老化を引き起こす糖化物質が全身にたまってくるのです。真皮でコラーゲンが糖と反応すると、いわゆる黄ぐすみになったり、シミやしわ、たるみを引き起こしたりすることになりかねません。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。肝臓には多くの血液が流れており、体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、懸命に解毒をしているのです。

有害な物質を解毒しきれないと、有害物質が血液中に増えていき、肌に悪影響を及ぼすのです。肝臓に負担をかけないようにしていくことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくために必要なことなのです。肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。実例の一つと言われているのが、近年、CMで話題の「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いといったことも他のシミとの大きな違いです。

関連記事