肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/07/27

テレビに映る芸能人の肌はシミも存在

テレビに映る芸能人の肌はシミも存在しないほど、美しいことがほとんどです。とはいえ、芸能人もヒトですから、実は、肌の調子が悪いこともあります。

ご存知の通り、多くの人からの注目を浴びる仕事ですし、我々とは比べられないほど、努力を惜しまないでしょう。その方法に注目してみると、美肌を目指せるでしょう。

どのようにして肌にシワができるのか、その原因としては、大きいのは乾燥です。

エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が一緒に流れて失われてしまった時などは特に要注意です。

デリケートな肌を乾燥から守るためには、とにかく保湿を何度でも行なうようにすることが最も重要だと考えられています。

例えばスプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。カサつき肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスして手を抜かず泡立てて、肌をこすり過ぎないようにしてください。

力強く洗うと肌に悪いので、コツは優しく洗うことです。

また、洗顔した後は必ず保湿をするようにしましょう。

化粧水しか使わないのではなく、乳液、美容液、クリームなども場合によって使ってください。

肌のシミは、セルフケアによってもある程度の改善が期待できます。しかし、すっかりキレイにするというのは困難でしょう。

ただし、望みがないわけでもないです。例えば、美容外科ならば除去することも可能なのです。

どうしても気になっているシミがあれば、一度、専門家に相談してみてはどうでしょうか。

聞いた話では、多くのクリニックで無料カウンセリングを受け付けているそうです。透き通るような白い肌だったときに比べ、加齢と共にシミが増えるのは、焦ってしまいますよね。

若い人の肌が目に入ってしまうと、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。

「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。

シミといえば、主な原因としてあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、UV対策とエイジングケアを心がけます。普段は肌が乾燥しづらい人でも冬になるとカサつきになってしまう場合もあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水を使ったり、乳液を使用しましょう。特に寒い季節になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。しっかりと保湿をすることと血のめぐりを良くすることが冬のスキンケアの秘訣です。

プラセンタの効き目ををもっと強めたいのなら、どんな時に飲むかを考えることも重要です。一番効くのは、食事からしばらく経った時間帯です。

逆に、お腹がいっぱいの時は吸収率が低く、仮に摂取しても十分な効果が期待できない場合もあります。

後、就眠の前に摂るのもよろしいでしょう。人の身体は睡眠中に修復・再生が行われるので、お休み前に摂取するのが効果的なのです。

コラーゲンの一番有名な効果は肌の効果です。

コラーゲンを摂取することにより、体の中に存在するコラーゲンの新陳代謝の働きが活発になり、肌のハリなどに効果を与えます。

体内のコラーゲンが減少すると老化が一気に進行するので、若々しい肌を維持させるために意識的に摂取することを心掛けてください。オイルはスキンケアに欠かせないという女性も最近多くなってきています。

毎日の肌のお手入れの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力アップを期待できます。

様々なオイルがあり、種類によっても様々な効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを使ってみるといいでしょう。

また、オイルの効果は質によって違いがありますので、フレッシュなものを選びたいものです。

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。その主な症状の一つであるのが、最近、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが判明しているのです。

ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるといったことも他のシミとの大きな違いです。

洗顔を終えた後の10秒間というのはスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。

お風呂やシャワーを使った後やきっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。

短くて重要なこのラッキータイムに肌に何もしないのは大変惜しいことですし、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、たっぷりと肌に化粧水を与えてあげると良いでしょう。お肌のシミを薄くする効果がある飲み物といえば飲む美容液。ローズヒップティーです。レモンの何十個分ともいわれる肌トラブルに効くビタミンCがたっぷりで体の内部からメラニンの生成を抑制する効果を実感でき、その上、お肌のハリにかかせないコラーゲンの生成を盛んにしてくれるため、シミ、そばかすを抑え、クリアな肌を手に入れられます。

体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、アンチエイジングにも有効です。

スキンケアには順序があります。もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいます。洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えます。スキンケアの際に美容液を使うタイミングは一般的には化粧水より後になります。

その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかりと水分を与えてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは一にも二にもまず保湿です。そして、程よく皮脂を残すというのも忘れてはいけません。クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまって肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらされ、乾燥が進みます。

あと、洗顔のときのお湯についてですがヒリヒリするような熱さではダメです。

それに、保湿だけに留まらず、洗顔方法も再度確認してみてください。まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが目立つようになってきたんです。

原因はわかっています。

日焼けによる紫外線のダメージです。幼い我が子とほとんど毎日、公園で遊んでいました。身支度はもちろん、子供が最優先です。

よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。

時間をひねり出してでも対策すべきでした。もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを取ってください。セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。

角質は角質細胞が複数層重なっていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させています。皮膚の表面を健康な状態にしておくバリアのような働きもするため、足りなくなると肌荒れするのです。

毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を活発にすると考えられています。

お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物や有害物質がお肌にたまって、くすみが目立つ原因となります。また、水分不足は乾燥肌の原因となり、くすみだけでなくシワやほうれい線も目立つ結果になるので、日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。

いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、シミやソバカスのないお肌を作るためには、食べてほしいものの一つです。けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。スキンケアで一番大事なことは洗顔です。

メイクによる肌の汚れをきちんと落とさないと肌が荒れる原因になってしまいます。

しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、肌の潤いが無くなってしまいます。

そして、きちんと汚れを落とすこととはやり方といったものがあり、正しい方法を知り、実践するようにしてください。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見て悲鳴を上げそうになりました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさをはっきり映っていました。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。どんなに疲れて帰ってきても洗顔をはじめ意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて自分の肌を保護しよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。

乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける重要な栄養素です。そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける作用もあるのです。このような栄養素を摂ることはシミやくすみを改善し、美白する効果を狙えます。

ヨーグルトはシミ対策や美白に有効な食べ物だといえます。肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるといったデータもあります。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイルが例として挙げられます。特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血行の促進に作用するゼラニウムは、くすみに有効です。

マッサージに利用するもよし、数滴をスチームの容器にたらしてみて使ってみるのもよいかもしれません。

関連記事