肌のお手入れの秘密※乾燥肌、脂性肌、混合肌対策はスキンケアから

肌のお手入れの秘密といえば水分?乾燥肌、脂性肌、混合肌から来るニキビや吹き出物、しみ、しわ、帯状毛穴や黒ずみなどの毛穴問題や遺作には日々の努力が欠かせない!スキンケア対策は怠ると後からのメンテが大変なのよ!毎日使うオールインワンゲル、美容液やパックなどしみ、しわケアについて紹介!

メニュー

更新日:2017/04/24

つい最近の話ですが、肌のお手入れ中にとあるイ

つい最近の話ですが、肌のお手入れ中にとあるインスピレーションを得ました。肌が柔らかい状態でいる場合しわがあまりできないのではないか、ということです。

目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線が目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれどちょっと前から炭酸パックを試していて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃には細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

スキンケアのための化粧品を選ぶ際には、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないものを最も大切です。刺激の強い成分(保存料など)は痒くなったり赤くなったりすることがあるので、成分表示を、しっかり見るようにしましょう。

何より大切なのは価格や口コミではなく肌に合っているかどうかなのです。たとえ同量の紫外線を浴びたとしても、肌に出来てしまうシミというのはその人の肌の性質によって違います。

一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌が存在しています。具体的にお話ししますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

どう見分ければいいかというと、日焼けした時に赤くなってしまうタイプの人です。美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、皮膚組織内に存在するあらゆる細胞に、酸素や栄養、水分を送り届けるための通り道で、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。タバコを吸うと、化学物質の作用であらゆる毛細血管が収縮します。そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。

真皮もその機能を落としてしまいます。こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、シワ、たるみが増えるわけです。

喫煙は、みずみずしい肌のためにはおすすめすることができません。

シミに効果的な肌対策としてパックをお勧めします。

美白成分の他にも、保湿成分などを贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働きかけ、肌がワントーン明るくなるでしょう。

思わず日焼けした時などに特に効果があり、時間が経たないうちに、ちゃんとケアをすることにより、できてしまう前にシミを食い止められます。乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととその後の潤いを逃がさないようにする手入れを正確なやり方をすることで、より良い状態にすることができます。毎日お化粧を欠かせない方の場合には、化粧落としから改めてみましょう。

クレンジングで大切なことは、メイク、汚れをきちんと落とすのと共に肌にとって余分ではない角質や皮脂は残しておくようにすることです。

シワの原因をご存知でしょうか。

これはいくつもあるのですが、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。

お肌の水分不足は、そのままお肌の乾燥につながって、シワが発生して、増加することになります。例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。

それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割を持つ、コラーゲンやヒアルロン酸が足りなくなっていくので、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。

お肌のシミを薄くする効果がある飲み物といえば飲む美容液。ローズヒップティーです。レモンと比べて20倍以上というほどのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で内側からメラニン色素ができないようにして、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミが出来にくいお肌を取り戻し、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

抗酸化作用にも優れており、若返りにもいいかもしれません。

スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと肌の湿度を一定に保つことです。肌に汚れが残っていると肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。

また、肌が乾燥してしまうことも肌を守っている機能を低下させることにつながるので、絶対に保湿を行ってください。しかし、保湿しすぎるのも肌にとってよくないことになります。

皮膚にできたシミを気にしている人も多数いることでしょう。肌にあるシミを薄くする効果が期待できる食物に挙げられるのが、はちみつなのです。あまり知られていないかもしれませんが、ハチミツの成分には沈着してしまった色素を薄くする効果が望め皮膚に現れた色素沈着、つまり、シミやそばかすなどを目立たなくしてくれるのです。シミが目立って嫌だなと思ったらはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。緑が鮮やかな緑茶は、カテキン豊富な食材です。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの作用をいっそう高める働きをしています。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCの力は欠かせないので、ビタミンCとカテキンを同時に摂取することが可能なので、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを予防してくれるのです。

スキンケアは不要と考える方も少なくありません。

スキンケアは全く行わず肌そのものが持つ保湿力を失わないようにするという原理です。

でも、メイクをした後はメイク落としをしない人はいないですよね。メイク落としをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が進んでしまいます。

肌断食をたまに経験させるのもいいですが、自分の肌とよく向き合い、ケアするようにしてあげてください。

メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。

目の下の部分などは特に細かいシワが出ますし、クマも出て、これがなかなか消えません。

そんなこんなで年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢によってなくなっていくと、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。ここでは顔だけを見てみますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは眉間、口の両端、目の下と目尻、あとは額などで、しわなんてどこに出来ても嬉しくないということは間違いないですね。コラーゲンのうりである最も重要な効果は美肌に関しての効果です。

コラーゲンを摂取することにより、体の中に存在するコラーゲンの代謝促進が進み、肌に、潤いとハリを与えることが出来ます。

体の中のコラーゲンが不足すると肌の老化へと繋がるので若々しくいるためにも意識的に摂取することを心掛けてください。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、洗顔フォームでしっかりした洗顔を済ませた後の肌は、例えてみれば、水をいくらでも吸い込んでしまう砂漠です。短いけれど、大切なこの10秒間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、これ程大事な時間を無駄にするのは、それこそ肌に良くない、と言いたいくらいです。洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、化粧水をしっかり吸い込ませてあげてください。

顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、皮脂や汚れが落ちる上に、シミが気にならなくなったとインターネットで話題になっていますが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。重曹は精製の程度によって、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、ごしごし洗うのは避けましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をお手入れして、潤いを補充してください。砂糖など、糖質を摂りすぎる方はお肌のために控えてください。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。体内で糖分がタンパク質と反応し、全身の老化を早める糖化物質が生み出されるのです。

この糖化がお肌のコラーゲンに起きると、黄ぐすみ状態になったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態が心配されます。「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」なんて言葉をよく聞きますが、それは美白も同じです。

本当に美白したいのなら、すぐに禁煙するべきです。タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、ビタミンCの破壊です。喫煙すると、白く美しいお肌のために必要不可欠なビタミンCが破壊されることになります。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、もしも日焼けをしてしまったのなら、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために大事な役割を果たしてくれます。

みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。お肌の負担を軽くするために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、紫外線が大きく関係してできてしまうこともありますが、体の中で起きている疾患が原因として考えられることもあるでしょう。万が一、突然日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、病気の前兆を意味していたり、すでに疾患が進行している確率が高いため、早急に医師に相談し、診断を仰いでください。夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。乾燥は軽く考えてはいけません。こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは細心の注意を払って行なっているわけですが、ここ最近は、いつもの化粧水や乳液、クリームの三点セットの他に美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

関連記事